会計システムは、人事給与機能と統合すべき
会計システムには、人事給与のより正確な管理機能が備わるべき

経営判断と人事

This page created 1月 8th 2014

企業経営には、色んな指標をみて判断することが必要になります。
例えば、どこに企業の資源を投入するか決めるか考えるのなら、業界紙からの情報や業界間の情報で、トレンドが分かればそこに力を投下するでしょう。

大抵は、会計システムからもたらされる企業の業績をみて、経営判断をしていることでしょう。
会計システムとは、財務会計システムとも呼称されており、その機能は決算書作成に必要なデータ入力と、税務報告用の資料作成機能があります。
これらの機能からもたらされるデータは、企業の経営判断にとても役に立つものです。

つまり、この会計システムからもたらされる情報が、より細かくて精度の高い情報なら、経営判断も同じくレベルが上がるということです。
会計システムの情報をレベルアップさせたいのであれば、人事給与の機能をもたせましょう。
人事給与の機能とは、人事にまつわるコストの管理をする機能です。賞与計算や、勤怠管理などが代表的な機能です。
人事給与の計算が細かくて正確なら、より注力すべき分野が企業内の情報からでも判断できます。
人事給与の情報から、どの分野のどの事業にコストがかかりすぎているのか、どの社員がオーバーワーク気味なのかも表れてきます。。

オススメsite

勤怠管理や人事給与システムの導入には|エフエム
会計システムを選ぶなら~SuperStream-NXシリーズ~
携帯で給与明細が閲覧できる電子給与明細と言えば「与之助ver.2」
人事給与システムのことなら「人事総務統合ソリューション」


そもそも人事給与という言葉の定義についてどれだけの理解があるでしょうか?人事給与という言葉から、いつも誤解があるのですが、この単語には多くの意味合いが含まれています。人事給与という単語には、給与そのものもありますが、給与体系から人事戦略までも含めた大きな意味合いをもつ単語なのです。会計システムにこの要素を盛り込むもしくは、この要素との高レベルな連携を取るのは、企業にとって大きなメリットをもたらします。例えば、給与計算がいい例ですが、普通の企業なら給与計算とは総務部がするものです。しかし、会計システムとの連携ができれば、総務部からのデータリンクによって早い繁栄ができるわけです。昔の給与計算は、いわゆるタイムカードの集計によって手計算で行われていたものでした。これが、先進的な給与計算機能の付与によって自動計算ができれば、そのまま経理にデータがおくられます。これからの時代は、部署の省力化も進めていかなくてはいけないので、ますます人事給与と会計システムの連携が求められます。

Next Entry

archive
category
  • カテゴリーなし